The Atmosphere-A Challenge

Richard S.Lindzenは1961年にハーバード大学でCharneyと出会い、そこで大学院生だった。 チャーニーはハーバード大学の学生と様々なセミナーや社会的な機会に頻繁に会った。 1967年の春、リンドゼンとチャーニーはUCLAで一緒に熱帯気象学の問題について議論した。 現在、MITの地球大気惑星科学部門の名誉教授であり、科学研究センターの特別上級研究員でもあります。 彼は科学と政策立案者の間の相互作用に焦点を当てたシンクタンクであるCato Instituteで働いています。
N-ローレンツは1952年にマサチューセッツ州ケンブリッジでの会議でチャーニーと出会った。 セッションの間、彼らは気圧渦度方程式のいくつかの側面について話すことができ、これらの議論は長年にわたって持続するパターンを確立しました。 ドクター-オブ-ザ-イヤー ローレンツは1948年から1955年までM.I.T.の気象学部門のスタッフであり、助教授となった。 彼は1962年に教授に昇進し、1977年から1981年まで学科長を務めた。 1987年に名誉教授となる。 エドワード-N-ローレンツ博士は16日、2008年に90歳で死去した。 カオス理論の先駆者として、彼は「バタフライ効果」とローレンツアトラクタの概念で最もよく知られていました。
ジョージ-W- プラッツマンは1946年12月または1947年1月にシカゴ大学でチャーニーと出会ったが、チャーニーがオスロに向かう数ヶ月前に2年間の不在の後にシカゴに戻った。 1949年から1951年にかけて、高等研究所の気象学グループの非常勤コンサルタントを務め、1950年と1951年のENIAC計算にCharneyらと参加した。 シカゴ大学の地球物理学の名誉教授であるジョージ-W-プラッツマンは、2008年8月2日に88歳で死去した。 キャリアの初期にコンピュータによる最初の天気予報(1950年にENIACで)の策定を支援して以来、定性的な推測から定量的な科学への天気予報の変換に貢献してきた。 彼は高潮予測の分野の先駆者であり、現代気象学の創始者の一人として記憶されています。