地球を救うのを止めろ! 21世紀の環境主義宣言

詳細

開催日:2019年11月18日(月)
時間:午後6時開場17:30開演
場所:ロッキー山脈博物館ヘイガー講堂

講演の後、博物館のロビーでレセプションが行われます。

この講演は、バートン-K-ウィーラー公共政策センターが共催しています。

まとめ

あなたは気候変動についておかしくなっていますか? その後、なぜ聞く来る”地球を救う!”常にお粗末な環境主義マントラとなっています。 なぜ”環境”がアメリカの政治のFワードになったのか。 そして、なぜ、私たちが本当に環境の混乱をきれいにしたいのであれば、私たちは”地球を救う”方法についての執着をやめ、環境の中でより持続的に、より公平に変化し、使用し、生きる方法についての執着を始める必要があります。

スピーカーについて

ジェニー-プライスは、公共の作家、アーティスト、環境史家であり、ワシントン大学セントルイスのサム-フォックス-スクール-オブ-デザイン&ビジュアル-アーツの研究員でもある。 “フライトマップ:現代アメリカの自然との冒険”と”ロサンゼルスの自然を見ての十三の方法”の著者は、彼女はパブリックアート集団、LAアーバンレンジャー、およ 彼女はMOCAとオレンジ郡美術館のレジデントアーティストであり、プリンストン大学でアメリカ研究、芸術、環境人文科学の客員教授を開催しています。 彼女は新しい本に取り組んでいる、”地球を救うのをやめてください! 21世紀の環境主義者のマニフェスト。”

講義シリーズについて

アメリカ西部の講義シリーズは、西洋の歴史、文学、文化、地域の野生生物や漁業に影響を与える問題、西洋の地理、地質学、資源 シリーズは、バートンKが共催しています。 ウィーラー-センターとは、アメリカ西部とカナダ西部の場所と人々に焦点を当てているMSUカレッジ-オブ-レター-アンド-サイエンス内の学際的な研究センターであるイワン-ドイグ-センターのプログラムである。